【鈴鹿8耐】メーカー・チーム応援席、4月28日より順次発売

モーターサイクル エンタメ・イベント
Honda応援席(イメージ)
  • Honda応援席(イメージ)
  • エヴァRT初号機Webike TRICK STAR応援席(イメージ)
  • YAMAHA応援席(イメージ)
  • SUZUKI応援席(イメージ)
  • Kawasaki応戦席(イメージ)
  • ヨシムラサポーターズテラス(イメージ)
  • MORIWAKI応援席(イメージ)
鈴鹿サーキットは、7月26日から29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース」のメーカー・チーム応援席の詳細を発表した。

メーカー・チーム応援席は、グランドスタンドV2席およびV1席に設けられ、各応援席ともに特典として応援グッズが付属。決勝レースのスタート前に、応援席を中心に繰り広げられる応援合戦は毎年、注目を集めている。

メーカー応援席は、ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハを用意。料金はV2指定席が大人1万4000円、子ども(3歳から高校生)2100円(ヤマハのみ3800円)。V1指定席が大人1万0900円、子ども1500円。

チーム応援席は、エヴァRT初号機Webike TRICK STARがV2指定席で大人1万5000円、子ども2100円、モリワキがV1指定席で大人1万0900円、中高生3200円、小学生2300円。そのほか、ヨシムラサポーターズテラスが大人(中学生以上)3万5100円、子ども(3歳から小学生)7344円で用意する。

なお、応援グッズの詳細は確定次第、公式サイトで発表する。

メーカー・チーム応援席チケットおよび各種チケットは4月28日から順次、鈴鹿サーキットのオンラインショッピングサイトや各メーカー・チームの販売店などで発売する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集