高速道路SAにトラックドライバーが交代できる中継物流拠点を整備

自動車 ビジネス 企業動向
中継物流拠点位置図及びイメージ図
  • 中継物流拠点位置図及びイメージ図
  • 中継物流拠点の配置図
NEXCO中日本は、長距離トラックドライバーの負担軽減をサポートするため、遠州トラックと連携し新東名高速道路・浜松サービスエリア(SA)下り線敷地内に中継物流拠点を整備する。

中継物流はトラックドライバーの長時間労働の改善のため、長距離輸送を複数のドライバーで分担するためのもの。すべての物流事業者の利用が可能で、高速道路会社では初の事業となる。

今回設置する中継物流拠点では、関東方面、関西方面からのトラックドライバーが浜松SAの中継拠点でトレーラー交換またはドライバーが交代する。ドライバーは長距離輸送することなく日帰り運行することが可能となる。駐車マスは30で、セミトレーラーにも対応する。

中継物流拠点は2018年夏ごろ開業する予定。利用は事前登録が必要で、料金は1回600円となる予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集