BASF、熱可塑性プラスチック「ウルトラゾーン」増産へ 韓国の新製造ラインが稼働

自動車 ビジネス 海外マーケット
BASFは、韓国・麗水(ヨス)の拠点で、高い耐熱性を持つ熱可塑性プラスチック「ウルトラゾーン」の新製造ラインを稼働させた。

ウルトラゾーンは、BASFのポリエーテルスルホン樹脂「ウルトラゾーンE」、ポリスルホン樹脂「ウルトラゾーンS」、ポリフェニルスルホン樹脂「ウルトラゾーンP」といった熱可塑性プラスチック製品群の商標。高い寸法安定性と優れた流動性を備え、エレクトロニクスや自動車、航空宇宙産業などにおける耐熱軽量部品の製造に幅広く使用されている。

BASFは、ドイツのルートヴィッヒスハーフェンと、2014年に開設した韓国の麗水でウルトラゾーンを製造。今回の新ラインにより、ウルトラゾーンの世界全体での年間製造能力は6000トン増の計2万4000トンとなり、世界的に拡大する市場の需要に応えていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • BASFジャパン石田社長「国内生産の拡充や日本発の技術革新に注力」 画像 BASFジャパン石田社長「国内生産の拡充や日本発の技術革新に注力」
  • BASFと戸田工業、北米で電池材料事業の協業運営を開始 画像 BASFと戸田工業、北米で電池材料事業の協業運営を開始
  • ホワイトが依然トップ、SUVではブラウンの人気も上昇…BASFによる自動車カラー分析 2017年 画像 ホワイトが依然トップ、SUVではブラウンの人気も上昇…BASFによる自動車カラー分析 2017年
  • 独自技術でプラスチック部品の拡大を図る---ランクセス 画像 独自技術でプラスチック部品の拡大を図る---ランクセス
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース