ことでんに『バーバパパ』のラッピング列車…百十四銀行創業140周年記念で 4月23日から

鉄道 エンタメ・イベント
『バーバパパ号』のイメージ。『バーバパパ』はフランスの絵本作家アネット・チゾンとアメリカの絵本作家タラス・テイラーによる絵本などに出てくるキャラクターで、香川県高松市に本社を置く百十四銀行がイメージキャラクターに使用している。
  • 『バーバパパ号』のイメージ。『バーバパパ』はフランスの絵本作家アネット・チゾンとアメリカの絵本作家タラス・テイラーによる絵本などに出てくるキャラクターで、香川県高松市に本社を置く百十四銀行がイメージキャラクターに使用している。
香川県の高松琴平電気鉄道(ことでん)は、4月23日からラッピング列車『バーバパパ号』の運行を開始する。

これは、元京王帝都電鉄(現・京王電鉄)5000系(初代)の1100形2両編成1本(1101+1102号)に、創業140周年を迎える百十四(ひゃくじゅうし)銀行のキャラクター『バーバパパ』のラッピングを施すもので、車内の座席なども『バーバパパ』仕様となる。

琴平線(高松築港~琴電琴平間)で運行され、運行初日は14時30分から14時45分まで、仏生山(ぶっしょうざん)駅(香川県高松市)3番ホームで高松築港行きの出発式が開催される。

また、運行に合わせて、『バーバパパ』バージョンの1日フリー切符(大人1230円・子供620円)も発売される。4月23日は仏生山駅で13時から発売され、その後、4月27日から有人駅などでも発売される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集