アウディが仮想電動スポーツ、ビジョングランツーリスモ 発表…1292psハイブリッド

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ(実車)
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ(実車)
  • アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ(実車)
アウディは4月9日、『e-tron ビジョン グランツーリスモ』を発表した。

同車は、世界各国のブランドが「グランツーリスモ」のためのスポーツカーをデザインするプロジェクト、「ビジョングランツーリスモ」から誕生した1台。グランツーリスモシリーズ最新作の『グランツーリスモSPORT』において、バーチャル走行が楽しめる。

アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモは、アウディの描く理想のグランツーリスモ像を具体化したモデル。そのフォルムには、アウディの最新デザイン言語が導入されており、2ドアのスポーツクーペボディを採用した。このデザインには1989年、北米IMSAシリーズに参戦したレーシングカー、アウディ『90 IMSA GTO』へのオマージュが表現されている。

『グランツーリスモSPORT』では、アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモに、2つの仕様を設定。フロントグリルをブラックアウトした1台は、ハイブリッド。3.4リットルV型6気筒ターボエンジンが後輪、モーターが前輪を駆動する4WD。システム全体で1292psのパワーを発揮する。

もう1台はピュアEVで、白く塗装されたフロントグリルが特徴。モーターはフロントに1基、リアに2基搭載され、システム全体で815psのパワーを獲得している。

新型『フォレスター』では新たに搭載されたドライバーモニタリングシステムについて取…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集