スマート世界販売は10%減の3万台、EVは好調 2018年第1四半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・フォーツー
  • スマート・フォー フォー
メルセデスベンツ傘下のスマートは、2018年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は3万0726台。前年同期比は10%減だった。

前年実績には届かなかったものの、第1四半期の世界販売が3万台に届いたのは、今回が3度目。スマートによると、現行モデルの発売からすでに4年が経過しているにもかかわらず、堅調な販売実績という。

また、『フォーツー』と『フォーフォー』には、EVの「エレクトリックドライブ」を設定。このEVの販売は好調で、例えばドイツでは第1四半期、EVが牽引してスマと全体で2桁増を達成した。ドイツで販売されるスマートの3台に1台がEVという。

なおスマートは、2020年から全モデルを電動化する計画。まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へこの戦略を拡大していく。

スマートの2017年の世界新車販売台数は13万5025台。前年比は6.5%減とマイナスに転じた。そんな中、中国は2017年、過去最高の2万3097台を販売。前年比は9.8%増と伸びている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集