VW トゥアレグ 新型、フルデジタルコクピット新開発…モニターは大型15インチ

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
フォルクスワーゲンは、中国北京市で初公開した新型『トゥアレグ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

3世代目となる新型トゥアレグの特徴のひとつが、新開発のフルデジタルコクピット。ドライバー正面のメーターは、12インチのデジタルディスプレイとなっており、ドライバーに必要なさまざまな情報を、切り替えて表示できる。

また、ダッシュボード中央には、15インチの大型デジタルディスプレイをレイアウト。ナビゲーションやインフォテインメントを中心に表示する。ボタンやスイッチ類は、ほとんどない。

さらに新型トゥアレグでは、デジタルインターフェースとマルチファンクションステアリングホイールによって、コネクティビティをコントロールするシステムを採用。フォルクスワーゲンは、最新のスマートフォンのように、ユーザーのニーズに合わせてコネクティビティを設定できる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集