シトロエン ベルランゴ が10年ぶりにモデルチェンジ…ジュネーブモーターショー2018詳細画像

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • シトロエン ベルランゴ 新型(ジュネーブモーターショー2018)
『ベルランゴ』は、シトロエンの主力商用車および小型MPV。先代モデルは2008年に発表。新型は3世代目モデルとなり、およそ10年ぶりのモデルチェンジを受けて登場した。PSAグループのプジョー『リフター』、オペル/ボクスフォール『ライフ・コンボ』との兄弟車となる。

新型ベルランゴは、PSAグループの「EMP2」車台をベースに開発。フロントマスクなどには、シトロエンの最新デザイン言語が導入されており、新型『C3』ファミリーと共通イメージの顔つきに。ボディサイドには、「エアバンプ」が装着可能。エアバンプは、素材の内部に空気カプセルを入れたもので、衝撃や接触からボディを保護するだけでなく、個性的な外観を演出する。

新型は、5名乗りのショートボディ(全長4400mm)の「M」と、7名の乗りのロングボディ(全長4750mm)の「XL」を設定。パワートレーンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.5リットル。トランスミッションには、「EAT8」と呼ばれる8速ATが設定された。

新型の特徴のひとつが、19の先進運転支援システム(ADAS)の採用。中でも、8速AT車のストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールは、フロントガラスの上部の多機能カメラを使用。ドライバーの設定に合わせて車速を自動的に維持し、前走車に追従走行する。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集