ブリヂストン、2018年のモータースポーツ活動計画を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブリヂストンは3月9日、2018年の国内外におけるモータースポーツ活動計画を発表。トップカテゴリーからアマチュアレースまで、多くのモータースポーツを通じて、「楽しいクルマ・バイク社会づくり」、「モータースポーツの発展」に取り組んでいく。

日本では、四輪レースのSUPER GTや二輪の全日本ロードレース/鈴鹿8時間耐久ロードレースに、海外では、欧州を中心に行われる二輪のFIM世界耐久選手権に参戦するチームにタイヤを供給する。北米では、19年連続でインディカーシリーズへファイアストンブランドのタイヤをワンメイクで供給。厳しい競争下で行われるトップカテゴリーレースを通じて、タイヤ開発力の強化を進めていく。

また、「クルマ好きを増やす活動」として、日本国内で行われるトヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース、ロードスター・パーティレースIIIやジムカーナ、ドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースといった参加型のモータースポーツにも引き続きタイヤを供給し、多くの人々に「走る楽しさ」を提供していく。

四輪レースでは主にPOTENZAブランドで、二輪レースでは主にBATTLAXブランドのタイヤで、チーム・ドライバー・ライダーをサポートしていく。

またモータースポーツ活動を通してクルマ・バイクの楽しさを多くの人に伝えるために、サーキット内外でのイベント開催、ウェブサイトやSNSでの情報発信も推進していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集