ソニックプラス、C-HR専用限定モデルにファイナルエディション 高性能トゥイーターを同梱

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソニックプラス SP-CHR Lファイナルエディション
  • ソニックプラス SP-CHR Lファイナルエディション
ソニックデザインは、車種別専用スピーカーパッケージ 「ソニックプラス」シリーズの新製品として、トヨタ『C-HR』専用リミテッドモデル「SP-CHR Lファイナルエディション」を40セット限定で発売する。

C-HR専用リミテッドモデルは、ハイエンドシリーズ=プレミアムラインと同等のウーファーモジュール(UNIT-N70F相当品)に、表面加工を施したブラッシュシルバーのアルミ削り出し専用取付ブラケットを組み合わせ、ボルトオン&カプラーオンでの装着作業を実現。ピュアアラミド振動板や大容量磁気回路、クリアな中低音を再現するソノキャスト・エンクロージュアが再生限界を拡大し、音のリアリティとスケール感を高めている。

今回発売するファイナルエディションでは、ピュアアラミド振動板採用トゥイーター「SD-T18F」をパッケージに追加。トゥイーターにもウーファーと同素材の振動板を採用することで、さらなる音色統一と音質のグレードアップを実現している。

価格(税別)は20万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集