延焼被害の神戸電鉄粟生線が通常ダイヤに復帰 3月9日9時20分以降の列車から

鉄道 企業動向
兵庫県の神戸電鉄は3月8日、臨時ダイヤでの運行を行なっていた粟生(あお)線を、3月9日から通常ダイヤに戻すと発表した。

粟生線では、3月4日18時頃、三木駅(兵庫県三木市)付近で発生した火災で、2面2線だった三木駅の下りホーム側駅舎が延焼し、単線区間上にある同駅で列車交換ができなくなった。

そのため、翌5日以降は、始発から三木駅の上りホームを使用しての1面1線状態で運行を再開したが、通常ダイヤより運行本数を減らし、朝夕ラッシュ時30~45分間隔とする臨時ダイヤを実施していた。

3月9日は、9時20分以降の列車から通常ダイヤに戻ることになっており、それまでの間は臨時ダイヤが継続される。

また、三木駅については、延焼した駅舎がある下りホームの使用を、三木15時14分発小野行きから開始するとしており、それまでは上下列車とも上りホームのみの乗降を継続する。

なお、下り線の改札機はホーム上に設置され、延焼した駅舎とホームとの間には、新たな通路が設けられる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集