京急2000形が3月下旬に引退…記念乗車券を発売、特別貸切列車の運行も

鉄道 エンタメ・イベント
3月下旬までに引退する2000形(左)と、発売される記念乗車券(右)。
  • 3月下旬までに引退する2000形(左)と、発売される記念乗車券(右)。
京浜急行電鉄(京急)は3月5日、2000形が3月下旬に引退することを明らかにした。

現在、羽田空港~新逗子間の「エアポート急行」などに運用されている2000形は、1982年に登場。2ドアのクロスシート車として、1987年までに東急車輌製造や川崎重工業で72両が製造された。

おもに本線系統の快速特急に運用され、1992年から運行を開始した、着席保障の定員制帰宅列車「ウィング号」にも充当された。

1998年に後継の2100形が登場したことにより、2000年にかけて、ドア間をロングシートとした3ドア車に改造。同時に、塗色が赤・白のツートンから、赤色に白の細いラインが入ったものに変更されたが、旧塗色は、2013年に2011編成で復活している。

2000形は、2012年度から廃車が始まり、現在残っているのは8両編成2本のみとなっている。このうち2061編成は3月中旬、旧塗色の2011編成は3月下旬に引退する予定だ。

2000形の引退を記念して、3月11日からは金沢文庫駅(横浜市金沢区)で「さよなら2000形記念乗車券」を2018セット発売する。発売額は2000円で、1人2セットまで購入できる。

また、3月25日には、2011編成を使用して、京急ファインテック久里浜工場(神奈川県横須賀市)を経由する、品川~京急久里浜間の特別貸切列車を運行する。

貸切列車の乗車には、「さよなら2000形記念乗車券」購入者の中から、スクラッチカードによる抽選で50組100人に当たる招待券が必要。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 歴代の京急カラーを1本に…創立120周年 2月25日から 画像 歴代の京急カラーを1本に…創立120周年 2月25日から
  • 京急、2000形登場30周年リバイバル塗装車を1月24日から運行開始 画像 京急、2000形登場30周年リバイバル塗装車を1月24日から運行開始
  • 西武の座席指定列車「拝島ライナー」を比較…東武「TJライナー」&京王「京王ライナー」 画像 西武の座席指定列車「拝島ライナー」を比較…東武「TJライナー」&京王「京王ライナー」
  • VW ポロ 新型、先行受注を開始 販売開始は3月中旬 画像 VW ポロ 新型、先行受注を開始 販売開始は3月中旬

特集