パガーニのスーパーカー、ゾンダ にスピードスター…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車

パガーニ・ゾンダHPバルケッタ
  • パガーニ・ゾンダHPバルケッタ
  • パガーニ・ゾンダHPバルケッタ
  • パガーニ・ゾンダHPバルケッタ
イタリアのパガーニ社は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ゾンダHPバルケッタ』を公開すると発表した。

パガーニ社はアルゼンチン生まれのオラチオ・パガーニ氏が設立。1999年に『ゾンダC12』と呼ばれるスーパーカーを発売した。パガーニ社はその後、『ロードスター』、『ゾンダF』、『ゾンダR』など、絶えず進化の手を加えてきた。

ジュネーブモーターショー2018で公開予定のゾンダHPバルケッタは、「ゾンダ」シリーズの最新モデル。車名の「HP」とは、オラチオ・パガーニ氏を意味しており、同氏の60歳の誕生日を記念し、3台のみが生産される予定。

これまでのゾンダとの違いは、フロントウィンドスクリーンを低くしたスピードスターボディという点。より風をダイレクトに感じられる仕様とした。フロントフードやボディサイドの一部には、メッシュパターンを採用。リアのホイールアーチには、カーボン製のカバーが追加されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集