メルセデスがデジタル車両キー発表、スマホがキー代わり…MWC 2018

自動車 テクノロジー ITS
メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
  • メルセデスベンツ(MWC 2018)
メルセデスベンツは2月26日、スペインで開幕した世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、スマートフォンを使った「デジタル車両キー」を発表した。

デジタル車両キーは、スマートフォンが車両のキー代わりになるもの。メルセデスベンツはまず、ドイツ国内向けの新型『Aクラス』に、このサービスを導入する。

メルセデスベンツのデジタル車両キーでは、近距離無線通信規格の「NFC」を利用。しかし、すべてのスマートフォンが、メルセデスベンツのセキュリティ基準を満たすNFCインターフェースを備えているわけではない。

そこでメルセデスベンツは、デジタル車両キー専用のマイクロチップを内蔵したステッカーを開発。このステッカーをスマートフォンに貼り付けるだけで、スマホが車両のキーとして使えるようになる。

ユーザーは、このステッカー付きスマホを携行していれば、非接触で車両のロック解除が可能。エンジンを始動するには、センターコンソールのトレイに、このステッカー付きスマホを置くだけでいい。

3月13日開催 若手技術者応援セミナー【無料】5G×クルマ MWC 2018最新報告はこちら。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集