コンチネンタル、車両のドアハンドルやロック機構を不要とする技術を発表へ…MWC 2018

自動車 テクノロジー ネット

コンチネンタルのデジタル緊急施錠解除テクノロジー
  • コンチネンタルのデジタル緊急施錠解除テクノロジー
コンチンネンタルは、スペインで2月26日に開幕する世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、車両のドアハンドルやロック機構を不要とする技術を発表する。

車両の機械式ロックだけでなく、ドアハンドルを不要にするのが、コンチネンタルのデジタル緊急施錠解除テクノロジー。この技術は、ハンズフリーの車両アクセスとエンジン始動を可能にし、車両アーキテクチャの不可欠な部分となることを目指して開発された。

この技術を利用すれば、たとえば、車のバッテリーが上がった場合でも、ドライバーは機械式の緊急用のキーに頼ることなく、車両にアクセスすることができる。アシスタント機能を統合することで、単独で開閉して、ハンズフリーやデジタルで使用できるインテリジェントなドアが実現するという。

コンチネンタルは、技術的ラインナップの中に自動車メーカー向けのソリューションが、スマートデバイス統合アクセスシステムの形で含まれている、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集