ツインリンクもてぎ、グループ観戦専用「ビクトリーコーナーテラス」を新設

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
新観戦エリア ビクトリーコーナーテラス最上段からのイメージイラスト
  • 新観戦エリア ビクトリーコーナーテラス最上段からのイメージイラスト
  • 新観戦エリア ビクトリーコーナーテラス全景イメージイラスト
  • 2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 料金・概要一覧
ツインリンクもてぎは、仲間や家族で楽しめるグループ観戦専用の新エリア「ビクトリーコーナーテラス」を新設、4月7日・8日開催の全日本ロードレース開幕戦より一般販売を開始する。

ビクトリーコーナーテラスは、激しいバトルが繰り広げられる最終コーナーを一望できるよう高台に新設する。なだらかな斜面に全4段のテラスを造成し、ボックスシートやパーティーシートなど各段ごとに特徴あるシートを配置。全195区画、最大1045名収容と、これまでにない規模のグループ観戦専用エリアとなる。

約90mに渡り、ずらりと並ぶ最上段のボックスシートは眺めが良くメインストレートや3コーナーも見渡すことができる。2段目のドームテントシートは日除けテントとアウトドアチェアが、3段目のパーティーシートは大きなテーブルとイスがそれぞれセットになっており、手ぶらでの観戦や食事を楽しみながら観戦が可能。4段目のフリーエリアはテーブル、イス、テントを持ち込め、自由なスタイルでレースやイベントを楽しめる。

ビクトリーコーナーテラスは、全日本ロードレース開幕戦のほか、MotoGP、SUPER GT、もてぎ2&4レース、スーパー耐久、さらに花火の祭典“夏”、花火の祭典“冬”、ホンダレーシングサンクスデーといったイベントでも設置を予定している。

全日本ロードレース開幕戦の前売りチケットは2月24日より発売。料金(別途観戦券要)はボックスシートが9600円(5人まで)、ドームテントシートが8100円(4人まで)、パーティーシートが8100円(6人まで)、フリーエリアが5100円(5人まで)。そのほかのレース・イベントについては決定次第、発表する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集