三菱自、フィリピンの新プレス工場が操業開始…年産3万5000台で現地生産を加速

自動車 ビジネス 海外マーケット
三菱自動車のフィリピン新プレス工場
  • 三菱自動車のフィリピン新プレス工場
三菱自動車は2月15日、フィリピンにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)で、新たにプレス工場の操業を開始し、開所式を開催した。

MMPCは2015年1月にサンタローザ市に年間5万台の生産能力を持つ車両工場を設立、2017年2月からはフィリピン政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた初号案件として、コンパクトセダン『ミラージュG4(アトラージュ)』の生産を開始。開所以来、既に600名の追加雇用を生み出している。

今回、操業を開始した新工場はフィリピン最大のプレス機を備え、2直の生産体制で年間3万5000台の生産能力を持つ。これにより、ミラージュG4を初めとする車両の現地生産を加速させ、急成長を遂げるフィリピンの自動車市場でプレゼンス拡大を目指す。

三菱自動車は、CARS Programに参加する初の自動車メーカーとして、同プログラムの承認要件を満たすべく、2023年までに20万台のミラージュおよびミラージュG4を生産する予定。プレス工場の開所により、ミラージュシリーズの現地調達率は35%に上がる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集