熊本駅在来線ホームの全面高架化は3月17日…0番のりばは廃止に

鉄道 企業動向
ホーム全面高架化後の構内図。在来線部分は2面6線の構造となり、在来線駅舎は高架下に設置される。
  • ホーム全面高架化後の構内図。在来線部分は2面6線の構造となり、在来線駅舎は高架下に設置される。
JR九州は2月15日、鹿児島本線・豊肥本線熊本駅(熊本市西区)の在来線ホームを、3月17日から全面高架化することを明らかにした。

JR九州と熊本県は、鹿児島本線の北島踏切付近から坪井川橋付近にかけての約6km区間、豊肥本線の熊本駅から坪井川橋付近にかけての約1km区間を高架化する「JR鹿児島本線・豊肥本線連続立体交差事業」を2001年度から進めてきたが、2015年3月には、鹿児島本線の一般部約4km、熊本駅部の上り線約2kmが高架化され、熊本駅在来線4~6番のりばが高架化された。

今回は、残る鹿児島本線の熊本駅部下り線約2km部分と豊肥本線の約1km部分が高架化され、事業区間すべての高架化が完了することになる。これにより在来線1~3番のりばが新たに高架化され、0番A・Bのりばが廃止される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集