信号待ち車列に大型トラックが突っ込む、軽RVの2人が死亡

13日午前10時30分ごろ、北海道当別町内の国道337号で信号待ち車列に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突。最後部にいた軽RVが前方にいた別のトラックとの間に挟まれた。この事故で軽RVの2人が死亡している。

自動車 社会 社会
信号待ちをしていた軽RVに対し、後ろから減速しないまま進行してきた大型トラックが追突した。軽RVは前に止まっていた車両との間に挟まれて大破し、乗っていた2人が死亡している。

☆☆☆

13日午前10時30分ごろ、北海道当別町内の国道337号で信号待ち車列に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突。最後部にいた軽RVが前方にいた別のトラックとの間に挟まれた。この事故で軽RVの2人が死亡している。

北海道警・札幌北署によると、現場は当別町ビトエ付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。軽RVは信号待ちのために停車していたところ、後ろから進行してきた大型トラック(タンクローリー車)が追突。前方で停車していた別の大型トラックとの間に挟まれる状態となった。

追突により、軽RVは原型を留めない状態で大破。運転していた江別市内に在住する72歳の男性と、助手席に同乗していた69歳の女性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。追突してきたトラックを運転していた苫小牧市内に在住する63歳の男にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。2人死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

現場は見通しの良い区間。軽RVの損傷状態から追突してきたトラックは減速していなかったとみられるが、警察の聴取に対して運転者の男は「前にクルマが止まっていることに気づかなかった」などと供述しているようだ。警察では前方不注視だけでなく、居眠りや漫然運転の可能性を含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

追突被害を受け、前走車との間でサンドイッチ状態となった軽RVは前席部分だけが残り、前後の部分は圧縮されたように潰される状態となっていた。こうした状況から、追突側のトラックは「減速をまったくしていなかった」と推測されているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集