ルノー アヴァンタイムのレンタカーを発見したが…もう乗れない

自動車 ビジネス 国内マーケット

スパイスレンタカーのルノー・アヴァンタイム
  • スパイスレンタカーのルノー・アヴァンタイム
  • スパイスレンタカー江戸川店
  • スパイスレンタカー江戸川店
  • スパイスレンタカーのルノー・アヴァンタイム
  • 登録車のひらがなの部分が「わ」になっているのはレンタカーの証だ。
  • スパイスレンタカーのルノー・アヴァンタイム
  • アヴァンタイム以外にも個性的なレンタカーがある。
  • アヴァンタイム以外にも個性的なレンタカーがある。
クルマは所有せずカーシェアやレンタカーで、という人が増えた。せっかく借りるなら面白いクルマに乗りたい、という人もいるのではないだろうか。

Spice! Car Rent スパイスレンタカー江戸川店(運営:ピッコロカーズ、東京都江戸川区)に、なんとルノー『アヴァンタイム』のレンタカーがあるというので、お店を訪ねたのだが……。

アヴァンタイムはルノーの高級クーペ。パトリック・ルケマンがデザインを指揮したフォルムは、一言で言うと2ドアのミニバンだ。2001年から2003年というに短い期間に生産され、総生産台数は8500台ほど、日本には200台程度が輸入された希少車だ。

「レンタカーを借りるということは、なじみのないクルマに触れるチャンスです。アヴァンタイムは、後世に語り継ぎ、残していきたいクルマだと思ってレンタカーとして用意しました」とピッコロカーズの竹門代表は話す。今風に言えば相当に「インスタ映え」するレンタカーである。

しかし! 残念ながらもうレンタルすることはできないのだ。「実は、次のオーナーが決まってしまったのです」。中古車販売も手掛けるピッコロカーズで、レンタカーとして稼働しているアヴァンタイムを乗って気に入ってしまったというのも納得のできる話だ。

「コンディションのいいアヴァンタイムはかなり少なくなりました。できればまたアヴァンタイムを用意したいと思うのですが、見つからなかったら、次のクルマをどうしようというのが実は今の悩みです」と竹門代表。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集