青い森鉄道がインターンシップ…駅業務などを体験 2月16・27日

鉄道 企業動向

第3セクター鉄道としては珍しいインターンシップを実施する青い森鉄道。
  • 第3セクター鉄道としては珍しいインターンシップを実施する青い森鉄道。
青森県の目時駅(三戸町)と青森駅(青森市)を結ぶ青い森鉄道は2月16・27日の各日に、就活生向けの1日限定インターンシップを開催する。

インターンシップとは、就職を希望する学生に就業体験を提供するもので、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校などに在籍する人が参加できる。各日とも開催時間は13時から17時まで。

当日は青森駅前に集合し、ガイダンスや青森駅の見学、駅業務の体験、青い森鉄道の会社概要説明、「鉄道会社は、街に対してどう関わっていくべきか?~駅を中心とした街づくり~」をテーマにしたワークショップ、社員との座談会が行なわれる。

各日5人程度を募集するが、交通費や宿泊費など、インターンシップ参加に必要な費用は自己負担となる。報酬も用意されない。

申込みは、株式会社ディスコが運営しているウェブサイト「キャリタス就活2019」で受け付けている。締切は2月16日開催分が2月12日、2月27日開催分が2月19日。

このインターンシップにおける職種は、企画・マーケティング系、事務・管理系、建築・土木設計系、サービス・販売系、専門・スペシャリスト系を想定しており、青い森鉄道では「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」が身につくとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集