保守用工具がラジエターを破損…1月29日に発生したJR北海道の気動車冷却水漏れ

JR北海道旭川支社は1月30日、旭川駅(旭川市)構内で発生した気動車のエンジン冷却水漏れ事故に関する調査結果を発表した。

鉄道 テクノロジー
落下した工具(左)と破損したラジエター(右)。
  • 落下した工具(左)と破損したラジエター(右)。
JR北海道旭川支社は1月30日、旭川駅(旭川市)構内で発生した気動車のエンジン冷却水漏れ事故に関する調査結果を発表した。

この事故は、1月29日12時25分頃に発生したもので、関係者の調査によると、石北本線伊香牛駅(当麻町)構内で、旭川保線所上川保線管理室の社員が線路補修作業に使う保守用工具(長さ約1.5m、直径約35mm、重量約10.5kg)の運搬中に、1本を線路内に落下させていたことに気がつかず、その後に通過した札幌行きの特急『大雪2号』のラジエターを破損させたと推定している。

ラジエターは、エンジンを冷却するには欠かせない装置で、風を取り込んで内部に収められたエンジン冷却水を冷やす役割を果たしている。

この事故で、旭川発網走行き特急『大雪1号』と、網走発札幌行き特急『オホーツク4号』が全区間運休し、合計約400人に影響が出たという。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集