VWグループ、モビリティソリューション開発の中核拠点を開業…中国北京市

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲングループの中国北京市「フューチャー・センター・アジア」の開所式
  • フォルクスワーゲングループの中国北京市「フューチャー・センター・アジア」の開所式
フォルクスワーゲングループは中国北京市において、「フューチャー・センター・アジア」を開業した。

フューチャー・センター・アジアは、中国やアジア市場向けに、モビリティソリューションを開発する中核拠点として開業。未来のユーザーのモビリティニーズを想像し、将来のビジョンを示すソリューションを創造する場所となる。

また、フューチャー・センター・アジアには、内外装のデザイナー、ユーザーエクスペリエンスの専門家、人工知能(AI)、スマートシティ、スタートアップスカウト、エンジニアリングの専門家などが勤務。世界市場に展開できるアイデアやコンセプトも開発していく。

フォルクスワーゲングループチャイナのヨッヘン・ヘイツマン社長兼CEOは、「中国の顧客がデジタルライフスタイルとEVを取り入れる際の急激なスピードは、デザインやサービスに反映される必要がある。フューチャー・センター・アジアは、地域と世界のための刺激的なシンクタンクになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集