豊田通商、自動車用サンバイザー大手の共和産業を子会社化

自動車 ビジネス 企業動向
共和産業(Webサイト)
  • 共和産業(Webサイト)
豊田通商は1月29日、国内大手自動車用サンバイザーメーカーの共和産業(愛知県豊田市)を子会社化したと発表した。

共和産業は1939年創業の自動車用サンバイザー製造メーカー。国内シェアは約8割、海外での生産事業も展開している。豊田通商は共和産業の発行済み株式の93.95%を取得。12月より子会社とした。

豊田通商は今回の子会社化により、共和産業がその一端を担う国内自動車産業サプライチェーンを維持するとともに、海外での事業展開による事業成長、販売力の強化を図る。なお豊田通商では、3月より常勤役員(副社長)を1名派遣する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • デンソー、子会社のアスモを経営統合へ…電動化に対応してモーター事業を強化 画像 デンソー、子会社のアスモを経営統合へ…電動化に対応してモーター事業を強化
  • 豊田合成、ブラジルの自動車用内外装樹脂部品会社を子会社化 画像 豊田合成、ブラジルの自動車用内外装樹脂部品会社を子会社化
  • アルプス電気がアルパインを完全子会社化---競争力強化に向け経営統合 画像 アルプス電気がアルパインを完全子会社化---競争力強化に向け経営統合
  • 伊藤忠商事、ヤナセを子会社化…海外事業展開も視野 画像 伊藤忠商事、ヤナセを子会社化…海外事業展開も視野

特集