首都高の通行止め...26日夕方に全面再開予定

首都高速道路は26日正午過ぎ、通行止めとなっている3区間約20kmについて、26日夕方の再開を見込んだことを公表した。

自動車 社会 社会
首都高速道路は26日正午過ぎ、通行止めとなっている3区間約20kmについて、26日夕方の再開を見込んだことを公表した。

22日の降雪で同社は、ネクスコ東日本や中日本、関東地方整備局の応援を得て、56班300人が24時間体制で作業を進めてきた。除排雪作業は終了し、安全確認を行っている状況だ。

首都高速は冬季に積雪が続く地域のように路肩に雪を留めることができない。降雪時の通行再開は、雪と氷を道路上から取り除くことを原則にするため、一般道利用者の体感より開通が遅れる。

すでに本線の通行再開されているが、入口が封鎖されている「中台」「板橋本町」についても、同日夕方に再開を見込んでいる。

通行止め区間(1月26日正午)
・高速5号池袋線(高島平~美女木JCT)上り
・同(戸田南~美女木JCT)下り
・高速埼玉大宮線(美女木JCT~与野)上下
・高速埼玉新都心線(与野~さいたま見沼)上下
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集