伊予鉄、松山市内線の「市駅」アクセスを向上…3日用切符で市内滞在を促進

鉄道 企業動向

「本町線」の変更後ルート(右)と改称される西堀端停留場の位置(左)。
  • 「本町線」の変更後ルート(右)と改称される西堀端停留場の位置(左)。
愛媛県の伊予鉄道(伊予鉄)は、3月1日から松山市内線の運行系統を一部変更する。

松山市内線は、現在、5本の系統が運行されているが、このうち、本町六丁目を起点とし、西堀端~南堀端~大街道~上一万(かみいちまん)を経て、道後温泉へ至る5系統の「本町線」は、終点を伊予鉄道鉄道線の起点駅である松山市駅(市駅)に改め、本町方面から松山市の中心部にある市駅へのアクセス向上を図る。

これに伴ない、西堀端・南堀端・松山市駅の各停留場では乗換え無料券を発行する(松山市駅は本町六丁目方面行きのみ)。

なお、現在の「本町線」西堀端停留場は、JR松山駅前方面へ至る1・2・5系統「環状線・JR松山駅前線」にある同名の停留場と区別するため、「本町一丁目」に改称される。

このほか、伊予鉄道では、松山市内での滞在日数を増やすための施策として、新たに乗り降り自由の「ALL IYOTETSU Pass」と「市内電車チケット」に3日用(3Day)を加える。これにより、従来の1日用と2日用は100~200円の値上げとなる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集