「名鉄電車のある風景」…名鉄が初めて写真コンテストを主催

鉄道 エンタメ・イベント
入選者には2019年名鉄カレンダーや賞状、名鉄百貨店商品券1万円分が進呈される名鉄写真コンテスト。
  • 入選者には2019年名鉄カレンダーや賞状、名鉄百貨店商品券1万円分が進呈される名鉄写真コンテスト。
名古屋鉄道(名鉄)は、1月27日から「名鉄写真コンテスト」を開催する。

名鉄が主催する初の写真コンテストで、記念すべき第1回目のテーマは「名鉄電車のある風景」。選ばれた作品は2019年名鉄カレンダーに掲載されるため、募集は表紙、1・2月、3・4月、5・6月、7・8月、9・10月、11・12月の各パートに分かれる。

名鉄車両が写っている作品が対象で、 古いものでも3年ほど前までに撮ったものに限る。提出する作品のサイズは、四ツ切・ワイド四ツ切・A4のいずれか。各パート1人1点まで応募できる。

応募は、名鉄ウェブサイトの専用ページに収録された応募票を作品に貼付し、「名古屋鉄道営業部営業推進課」まで郵送で。締切は5月31日(消印有効)。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集