ホンダ、欧州自工会に加盟…日本メーカーではトヨタに次いで2社目

自動車 ビジネス 企業動向

新型ホンダ・シビック欧州仕様
  • 新型ホンダ・シビック欧州仕様
  • ホンダ・ジャズ(フィット)改良新型
  • ホンダ シビック セダン 新型(欧州仕様車)
欧州自動車工業会(ACEA)は1月17日、ホンダが2018年1月1日付けでACEAに加盟した、と発表した。

日本の自動車メーカーで欧州自動車工業会への加盟が認められたのは、2008年1月のトヨタに次いで、ホンダが2社目となる。

ホンダの加盟によって、欧州自動車工業会の会員は、15社に拡大することに。15の自動車メーカーのうち、乗用車を手がけているのは12社。

12社は、BMWグループ、ダイムラー(メルセデスベンツ)、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、フォードモーター、ヒュンダイ、ジャガー・ランドローバー、PSAグループ、ルノーグループ、トヨタ、フォルクスワーゲングループ、ボルボカーズ、そしてホンダとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集