ランボルギーニ世界販売10.4%増、過去最高…日本が米国に次ぐ2位 2017年

自動車 ビジネス 海外マーケット

ウラカンLP610-4
  • ウラカンLP610-4
  • アヴェンタドールS
  • ウラカンLP580-2
ランボルギーニは、2017年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、過去最高の3815台。前年比は10.4%増と2桁の伸びとなり、7年連続で前年実績を上回った。

3815台のうち、『ウラカン』が最多の2642台。前年比は12.3%増と2桁増を達成する。『アヴェンタドール』は1173台。前年実績に対して6.3%増と、堅調だった。

市場別では、米国が1095台で最量販に。日本が411台で続いた。以下、英国が353台、ドイツが303台、中国が265台、カナダが211台、中東が164台。

なお、ランボルギーニは現時点で、世界50か国に145拠点のディーラーネットワークを構築。過去7年で、販売台数はおよそ3倍に増えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集