ドゥカティ東京ウエストを経営のトマトモータース、破産開始決定…負債総額3億円

モーターサイクル 企業動向

ドゥカティ・モンスター1200R(参考画像)
  • ドゥカティ・モンスター1200R(参考画像)
東京商工リサーチによると、ドゥカティ東京ウエストを経営するトマトモータース(東京都東久留米市)が1月9日、東京地裁立川支部より破産開始決定を受けた。負債総額は推定3億円。

トマトモータースは、ドゥカティおよびビモータの正規ディーラー。一般顧客を対象とし「ドゥカティ東京ウエスト」の店名で都内3店舗を運営するほか、オートバイのカスタムや車検・整備全般を手掛け、ピークとなる2007年11月期には売上高約11億円をあげていた。

しかし、オートバイ需要の落ち込みなどで、2016年11月期の売上高は約6億円に落ち込んでいた。この間、経費削減や売上維持に努めたものの、資金繰りは限界に達し、今回の措置となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集