三菱 エクリプスクロス、北米向け出荷を開始…国内出荷は3月を予定

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
三菱自動車は、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』の北米向け量産車の出荷を1月15日より開始したと発表した。

エクリプスクロスは、『RVR』『アウトランダー』『アウトランダーPHEV』に続く、三菱SUVラインアップの新型モデル。スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させたクーペSUVとし、個性的なデザイン、最新コネクティビティ、安心感の高い四輪制御技術などを特長としている。

エクリプス クロスは岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産され、2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域に向け量産車を出荷開始。3月には国内向けの出荷を予定し、最終的には約80か国へ展開する計画で、今年度の出荷は約5万台を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集