横浜ゴム、インドでオフハイウェイタイヤの生産能力増強

自動車 ビジネス 海外マーケット

アライアンスタイヤグループ(ウェブサイト)
  • アライアンスタイヤグループ(ウェブサイト)
横浜ゴムは1月15日、インドのオフハイウェイタイヤ(農業機械・建設車両・産業車両・林業機械用タイヤ)の生産能力を拡張すると発表した。

横浜ゴムは、2016年7月に買収したアライアンスタイヤグループ(ATG)のタイヤ販売が好調であり、中期的に不足すると見込まれるため生産能力増強を決定。インドにおけるタイヤ生産販売会社であるATCタイヤ社ダヘジ工場(グジャラート州)の拡張工事を2018年2月から開始する。投資額は4550万米ドル(約51億円)で、今回の増産投資によりダヘジ工場の生産能力を2019年末までに従来の年産5万7000トンから9万1700トンにまで引き上げる。

ATCタイヤ社はダヘジ工場のほか、ティルネルヴェリ工場(タミル・ナドゥ州)を保有。ダヘジ工場は2015年3月に操業を開始し、ATGの主力ブランドである「アライアンス」「ギャラクシー」「プライメクス」ブランドの農業機械用タイヤ、建設車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、林業機械用タイヤなどを生産している。

現在、横浜ゴムは生産財タイヤ事業の拡大を事業戦略の柱のひとつとして掲げている。2015年10月には米国ミシシッピ州のトラック・バス用タイヤ新工場を稼動させ、2016年のATG買収に続いて、2017年3月には産業車両用タイヤメーカーの愛知タイヤ工業を買収し、拡大を促進。今回の増産投資により、生産財タイヤ事業を拡大させ、グローバル展開を加速させていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集