JXTGエネルギー、2019年7月に「ENEOS」ブランドに統一へ…セルフSS「Enejet」を展開

自動車 ビジネス 企業動向

ENEOS
  • ENEOS
JXTGエネルギーは、ENEOS、エッソ、モービル、ゼネラルのサービスステーション(SS)のブランド(商標)の統一に関するスケジュールと施策を決定した。

SSブランドの統一は昨年9月に発表していたが、詳細は未定だった。

今回、2019年7月ですべてのSSを「ENEOSブランド」に統一する。これに向けて2018年10月から看板・塗装工事に順次着手、2019年6月末までに完了する予定。

ENEOS、エッソ、モービル、ゼネラルのSSで発券しているクレジットカードは、個人客カードが2018年10月から、法人・団体のカードが2019年4月からSSブランドに関係なく、それぞれのカードに付帯する各種特典が適用される。

また、エッソ、モービル、ゼネラルのSSで展開してきたセルフSS「エクスプレス」は、コンセプトや機能を引き継ぎ、新会社として新たなセルフSSブランドとして「Enejet」を開発し、ブランドの統一工事が始まる2018年10月から展開する。ロゴは、ENEOSのセルフSSで使用しているブルーを採用することで親和性を図るとともに、「新しさ」を強調したとしている。

セルフSSでの給油を素早く、簡単にするための決済手段としてエッソ、モービル、ゼネラルのセルフSSで展開してきた「スピードパス」に代わる新たな非接触決済ツール「EneKey」を開発し、SSブランドが統一される2019年7月から展開する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集