グッドイヤー E-グリップ シリーズ拡充…プレミアムセグメント向け2製品を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

E-グリップ・コンフォート(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・コンフォート(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・コンフォート(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・パフォーマンスSUV(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・パフォーマンスSUV(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・コンフォート
  • E-グリップ・コンフォート(東京オートサロン2018)
  • E-グリップ・コンフォート・サイズラインアップ
  • 乗用車用タイヤのプロダクトポジショニングマップ(イメージ)
日本グッドイヤーは、エフィシエントグリップ(E-グリップ)シリーズの新製品として、乗用車用タイヤ「コンフォート」およびSUV用タイヤ「パフォーマンスSUV」を2月1日より発売する。

エフィシエントグリップ(E-グリップ)シリーズは、グッドイヤーが新車装着用・市販用の両方でグローバル展開しているコンフォートカテゴリーに属する低燃費タイヤブランド。日本市場では2015年に「E-グリップ・パフォーマンス」「E-グリップ・エコEG01」「E-グリップSUV HP01」の3パターンを導入。2018年より新たに2製品を導入し、E-グリップシリーズを5パターンに拡大する。

E-グリップ・コンフォートは「イーグルLS EXE」の後継製品。走りのイメージが強い「イーグルシリーズ」からカテゴリーの見直しを図り、高めたコンフォート性能をマーケットに訴求していく。サイズは14~20インチの全51サイズ。価格はオープン。

E-グリップ・パフォーマンスSUVは併売する「E-グリップSUV HP01」以上のオンロード性能を持つ高性能SUVタイヤ。ルクセンブルグ・イノベーション・センターで開発したアジアパシフィック地区への戦略製品で、拡大し続けるSUVマーケットへ訴求していく。サイズは17~20インチの全25サイズ。価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集