フォーレシア、次世代コクピットをCES 2018で公開…さまざまな運転モードに対応

自動車 テクノロジー ITS

フォーレシアの次世代コクピットのイメージ
  • フォーレシアの次世代コクピットのイメージ
フランスに本拠を置く自動車部品大手、フォーレシアは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES 2018において、次世代のコクピットを初公開した。

フォーレシアは、パリに本拠を置くフランスを代表する自動車部品メーカー。とくに、自動車用シートや内装システムの開発で知られる存在。フォーレシアは今回が、CESに初参加となる。

CES 2018において、フォーレシアが初公開したのが、次世代のコクピット。自動運転を含めたさまざまな運転モードに対応するコックピットとして開発された。

シートカバーには、乗員の健康状態をモニターするセンサーを搭載。また、最新の音声アシスタントシステムを採用しており、インフォテインメントの操作性が高められている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集