鉄道位置ゲー「駅メモ!」がアニメ化…音楽担当は「新幹線開発者」の孫

鉄道 エンタメ・イベント

ショートアニメは12月26日から第1話が配信される。
  • ショートアニメは12月26日から第1話が配信される。
位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!(駅メモ!)」開発元のモバイルファクトリーは12月21日、「駅メモ!」のアニメ化が決まったと発表した。12月26日からYouTubeでショートアニメが配信される。

「駅メモ!」はAndroid・iOS対応の位置ゲーム。「でんこ」と呼ばれるキャラクターとともに全国の駅を巡り、他のプレイヤーと競いながら駅や鉄道路線のコンプリートを目指すという内容だ。

アニメは秋田県横手市を舞台とし、「でんこ」キャラクターの「メロ」「ルナ」「みろく」が登場する。時間は1話3分で、全3話の配信が予定されている。制作はJR東日本グループのジェイアール東日本企画と、クリーク・アンド・リバー社。「地球防衛企業ダイ・ガード」などで知られる水島精二さんが総監督を務める。音楽は故・島秀雄の孫で作曲家の島秀行さんが担当する。

島秀雄は旧国鉄の技術者。戦前はD51形蒸気機関車の設計や、幻に終わった東京~下関間の新幹線計画(弾丸列車)に関わった。戦後は国鉄車両局長や住友金属工業顧問を経て国鉄技師長に就任。第4代国鉄総裁の故・十河信二らとともに東海道新幹線の計画を推進した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集