オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

自動車 テクノロジー ネット

オン・セミコンダクターの公式サイト
  • オン・セミコンダクターの公式サイト
米国のオン・セミコンダクター社は12月19日、米国で2018年1月に開催されるCES 2018において、完全自動運転とコネクテッドカー向けの新技術を初公開すると発表した。

新技術のひとつが、「イメージセンシング・アプリケーション・プラットフォーム」。これは、車の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしているという。

もうひとつの新技術が、「インテリジェント・オートモーティブ・ソリューション」。オン・セミコンダクターのコネクテッド機能が、ワイヤ配線の置き換えソリューション、軽量化、省スペース化、簡素化、安全性の向上、ドライバーエクスペリエンスの向上などのメリットをもたらす、としている。

また、CES 2018の会場では、仮想現実(VR)デモを行う予定。来場者はバーチャルにボンネットの中を見たり、次世代の車両の三次元モデルの座席に座ったりすることができる。さらに来場者は、衝突回避、居眠り運転回避、レベル5の完全自動運転を含めたオン・セミコンダクターのソリューションを体験できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集