パイオニア、次世代コクピットをCES 2018に出展予定…自動運転レベル3を体感

自動車 テクノロジー ITS

パイオニアのコンセプトコックピット
  • パイオニアのコンセプトコックピット
  • パイオニア フレキシブル有機ELパネルのテールランプ(CESアジア2017)
パイオニアは、2018年1月9日から12日まで、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2018」に出展し、自動運転社会に向けた各種先進技術を紹介する。

パイオニアブースの目玉は、一般道での自動運転レベル3以上を想定した「コンセプト・コックピット」。自動運転の走行シミュレーションが可能で、走行空間センサー「3D-LiDAR」や「ドライバーモニタリングシステム」と連携した安心・安全機能や、エンタテインメント機能が体験できる。

3D-LiDARについては、ブース内をリアルタイムで計測した点群画像をモニターで表示。また、同技術を活用して自動運転用地図の更新・運用を行う「データエコシステム」など、同社が進めている位置情報を用いたさまざまな価値・サービス構築に関する取り組みを紹介する。

また、デザインの自由度を高める「フレキシブル有機ELテールランプ&ターンシグナル」や、高輝度・高コントラストで色純度の高い「レーザースキャンHUD」を参考出品するほか、ハイレゾ対応スピーカーや、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品などを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集