ビィ・フォアード、パラグアイに現地オフィス開設…南米最大の中古車輸出市場

自動車 ビジネス 海外マーケット
ビィ・フォアード アスンシオン オフィス
  • ビィ・フォアード アスンシオン オフィス
  • ビィ・フォアード アスンシオン オフィス
ビィ・フォアードは、中古車輸出市場で南米最大のシェアを持つパラグアイの首都・アスンシオンに12月1日、現地オフィスをに開設したと発表した。

パラグアイは日本からの中古車輸出で南米の約6割を占める重要市場。今回開設した「アスンシオン オフィス」は、B to Bのディーラー市場であるパラグアイ中古車市場に対応するため、専門スタッフを現地に常駐させることが目的だ。

アスンシオン オフィスでは、現地ディーラーに同社のストックからオファーをするほか、探している車両がストックにない場合はオークションから提案するなど、現地対応を強化していく。またアフターケアや輸送方法の提案など、きめ細やかなサポート体制を整備。さらに現地ディーラーを集めてイベントを行うなど、パラグアイの中古車市場を盛り上げていく。

ビィ・フォアードでは、アスンシオン オフィスの開設により南米地域の年間販売台数を1万3000台、売上高を34億円以上と、いずれも前年度比で約2倍にする計画だ。

なお、今回のアスンシオン オフィスは、南米地域でチリに次ぎ2番目の開設。同社のオフィス数は16か国、41店舗となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集