クリスマスの夜は『北斗星』で…茂辺地北斗星広場でキャンドルナイト 12月24・25日

鉄道 エンタメ・イベント

キャンドルの灯りに照らされる『北斗星』。当日は室内灯も点灯し、夜行列車風の演出も行なわれる模様だ。
  • キャンドルの灯りに照らされる『北斗星』。当日は室内灯も点灯し、夜行列車風の演出も行なわれる模様だ。
北海道北斗市に今年6月に開設された「茂辺地(もへじ)北斗星広場」で12月24・25日、キャンドルナイトが実施される。

茂辺地北斗星広場では、2016年にJR北海道から譲り受けた元『北斗星』用客車(スハネ25 501、オハネフ25 2)が保存されており、同年8月から車内公開を実施している。広場が開設された6月にはその横に中華料理店の『北斗軒』がオープンし、10月には婚活イベントも開催されている。

このキャンドルナイトは、そんな『北斗星』の前でキャンドルに灯りを点け、クリスマスを楽しもうというもので、当日は「Christmas北斗星ポストカード」のプレゼントや、北斗軒からの「杏仁甘酒」のサービスも行なわれる。

開催時間は、12月24日が18時頃から20時まで、翌25日が日没から19時まで。茂辺地北斗星広場(旧茂辺地中学校のグラウンド)へは、道南いさりび鉄道茂辺地駅から徒歩5分程度。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集