ホンダ、スタートアップとの最新協業成果をCES 2018で公開予定…自動運転やコネクトカー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ホンダ・エクセラレーターの公式サイト
  • ホンダ・エクセラレーターの公式サイト
ホンダの米国部門は12月7日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、「ホンダ・エクセラレーター」の最新イノベーション技術を初公開すると発表した。

ホンダ・エクセラレーターは、米国シリコンバレーの子会社、ホンダR&Dイノベーションズが2015年から行っているスタートアップ企業との協業プログラム。オープンイノベーションを通じて、新たな製品やサービスを作り出すための取り組み。現在、シリコンバレー、ボストン、イスラエルで実施している。

ホンダ・エクセラレーターは、革新的なアイデアを持つスタートアップ企業に対して、資金援助やコラボレーションの場、テスト用車両、ホンダのメンターによるサポートなどを提供するプログラム。エネルギー、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)、パーソナルモビリティ、自動運転、人工知能(AI)、先進素材、ロボティクスなどの領域を開発対象とし、モビリティやエネルギーマネジメントの進化を目指している。

CES 2018では、ホンダ・エクセラレーターの最新イノベーション技術を初公開する予定。5つのスタートアップとの協業の成果を発表する。

たとえば、BRAIQ社は、ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術。DeepMap社は、自動運転車に対し、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術。WayRay社は、コネクテッドカー向けのホログラムAR(拡張現実)ナビゲーションシステムを発表する予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集