中央線の新型特急E353系デビュー記念入場券…13駅の硬券がセットに 12月23日発売

鉄道 エンタメ・イベント

「E353系デビュー記念入場券」の台紙(上)と硬券入場券のイメージ(下)。台紙には、裏面にインテリア、内側に運転台の写真が掲載されている。
  • 「E353系デビュー記念入場券」の台紙(上)と硬券入場券のイメージ(下)。台紙には、裏面にインテリア、内側に運転台の写真が掲載されている。
JR東日本長野支社は、12月23日から「E353系デビュー記念入場券」を発売する。

1993年12月にデビューしたE351系特急型電車の老朽化に伴ない、これに代わる新型特急型電車E353系が、12月23日から特急『スーパーあずさ』8往復中4往復で営業運行に入ることを記念して発売されるもの。

E353系にちなんだ特製台紙に、松本・塩尻・岡谷・上諏訪・茅野・小淵沢・韮崎・甲府・石和温泉・大月・八王子・立川・新宿各駅の大人用B型硬券入場券がセットになっており、発売額は1820円。

2018年3月25日まで800セットが発売されるが、売り切れ次第発売終了となる。

発売箇所は松本・塩尻・岡谷・上諏訪・茅野の各駅で、初日は10時から発売。1人3セットまで購入できる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集