ヤマハ マリンジェット、2018年モデルを順次発売…豪華装備の新バリエーションを投入

船舶 企業動向

ヤマハ発動機 MJ-FX リミテッド SVHO
  • ヤマハ発動機 MJ-FX リミテッド SVHO
  • ヤマハ発動機 MJ-GP1800
  • ヤマハ発動機 MJ-VXR
  • ヤマハ発動機 MJ-FX SVHO
  • ヤマハ発動機 マリンジェット2018年モデル
ヤマハ発動機は、水上オートバイ「マリンジェット」の2018年モデル計11機種を12月4日より順次発売する。

2018年のラインアップは、ラグジュアリークルーザーのフラッグシップ「MJ-FX クルーザー SVHO」をベースに各種装備品をパッケージ化したバリエーションモデル「MJ-FX リミテッド SVHO」を追加。また、全モデルのグラフィックおよびカラーチェンジを行い、イメージを一新した。

新バリエーションとなるMJ-FX リミテッド SVHOは、MJ-FX クルーザーCruiser SVHOをベースに、カスタムインフレータブルやプラットフォームのグリップ性を高めるカスタムマット、艇体を保護するフェンダーなどの装備を充実。また、ドライバッグや防水性携帯バッグ、トーインググッズ用の空気入れ、保管時に使用するカスタムカバーなど、マリンジェットの遊びの可能性を広げる様々な用品を付属させている。発売は2018年2月1日。価格は247万0580円。

また2018年各モデルでは、ヤマハらしさを訴求する3種のブルーグラフィックを展開する。「MJ-GP1800」にはワークスカラーの「ヤマハレーシングブルー」を、「MJ-VX クルーザー」には高級感とスポーティな雰囲気を演出する「ラグジュリアスブルー」を採用。さらに「MJ-FX クルーザー SVHO」「MJ-FX HO」「MJ-VXR」「MJ-VX クルーザー HO」「MJ-EX デラックス」「MJ-スーパージェット」の6モデルには、爽やかさを演出する「プレイフルブルー」を採用した。

そのほか、「MJ-VXR」ではマット塗装による「グレーメタリック」を採用。また、スポーティ&パワフルをイメージさせる「ブライトレッド」、プレミアム感を演出する「ディープレッド」、爽やかさを演出する「グリーン」など、各モデルの特長を引き立てるカラーリングでラインアップの印象を一新している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集