インフィニティ QX50 新型発表…プロパイロット搭載【ロサンゼルスモーターショー2017】

自動車 ニューモデル モーターショー
インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
  • インフィニティQX50 新型
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは11月28日、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、新型『QX50』を初公開した。

現行インフィニティQX50は、日本では日産『スカイラインクロスオーバー』として一時期販売していた。今回、ロサンゼルスモーターショー2017でワールドプレミアされたのは、その新型モデル。

新型QX50には、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」を搭載。インフィニティブランドとしては、『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)に続くもの。プロパイロットは渋滞走行や巡航走行において、ドライバーのストレス軽減を狙う。

また、新型インフィニティQX50には、新開発プラットフォームを採用。このプラットフォームは、前輪駆動(FF)をベースにしたもの。従来モデルの後輪駆動(FR)基本のプラットフォームから、大きく変わった。

外観は、インフィニティの最新デザイン言語を導入しつつ、エアロダイナミクス性能を高めているのが特徴。インテリアは、高品質な素材を採用し、職人の手によって仕上げられた。中型プレミアム SUVとしては、セグメントトップクラスの広々としたキャビンスペースを実現した、としている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース