アマネク、ハイブリッドデジタルラジオ放送を開発…ホンダ ファン感謝イベントでお披露目

自動車 テクノロジー ネット

ハイブリッド・デジタルラジオ放送のサービスイメージ
  • ハイブリッド・デジタルラジオ放送のサービスイメージ
  • 特別番組視聴中のアプリ画面
アマネク・テレマティクスデザインは11月28日、リスナーの位置や属性などをもとに、一般放送とインターネットストリーミング放送を自動的に切り替える、新サービス「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」を開始すると発表した。

ハイブリッド・デジタルラジオ放送は、レースやスポーツ、音楽、花火などで、イベント来場者だけに特別放送を提供できる新サービス。会場周辺において、往きはイベントの見どころを、帰りは主催者からの特別メッセージを放送するなど、往き帰りの参加者に期待感と特別感をもたらし、満足度をより高める効果が期待できる。

今回、新サービスを活用した初の試みとして、12月3日にツインリンクもてぎで開催されるファン感謝イベント「ホンダレーシング サンクスデイ 2017」で特別番組を放送。一般放送では会場から約5時間の生中継を行うほか、会場への行き帰りに自動的に切り替わるインターネットストリーミング放送では、「参加者特典放送」として選手自身によるプログラムのおすすめ、貴重なコメントなどを楽しむことができる。なお、参加者特典放送の視聴エリアはツインリンクもてぎまでクルマで約1時間の範囲。放送時刻は、7時頃から9時頃と16時30分頃から19時30分頃を予定している。

アマネクでは今後、メディアのパーソナル化が求められる中、同技術を軸に多くの企業と共創し、リスナーに価値あるサービスを提供していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集