ポルシェ、旧車向けセキュリティ装置を開発…遠隔操作でエンジン再始動防止も

自動車 テクノロジー 安全
ポルシェ356(東京モーターショー)
  • ポルシェ356(東京モーターショー)
  • ポルシェのクラシックモデル
ポルシェは11月7日、最新モデルと同様のセキュリティシステムを、ポルシェのクラシックモデル向けに開発し、2018年に発売すると発表した。

このセキュリティシステムは、「ポルシェクラシック車両追跡システム」と命名。車両に装着されたセンサーとGPSを利用した監視システムにより、盗難被害に遭った車両を迅速に発見する。

例えば、最後の空冷ポルシェ『911』として人気の高い「タイプ993」型では、車両が盗まれたことを示す警告を、オーナーとセキュリティセンターに送信。セキュリティセンターは、GPSセンサーを使用して、盗まれた車両の現在位置や走行ルートを特定。遠隔操作で、エンジンが再始動できないようにすることもできる。

追跡システムのインストールと関連サービス契約の完了は、ポルシェクラシックパートナーまたはポルシェセンターによってのみ行われる。ポルシェクラシック車両追跡システムは、オプションの電圧変換器を使用して、6Vの電気システムを搭載したポルシェ『356』(1948年~)でも使用できる。

ポルシェクラシック車両追跡システムは、356から『カレラGT』まで、すべてのポルシェクラシック車両に適合。2018年春から、まずは欧州で発売される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 盗難被害、プリウス が3年連続トップ…日本損保協会調べ 画像 盗難被害、プリウス が3年連続トップ…日本損保協会調べ
  • パナソニック、自動運転・コネクテッドカー向けサイバーセキュリティ技術を開発 画像 パナソニック、自動運転・コネクテッドカー向けサイバーセキュリティ技術を開発
  • レノボとイスラエル企業が提携---自動運転車のセキュリティ向上へ 画像 レノボとイスラエル企業が提携---自動運転車のセキュリティ向上へ
  • 東名あおり死亡事故から見えてくる「新しい防犯」のあり方---ドラレコ 画像 東名あおり死亡事故から見えてくる「新しい防犯」のあり方---ドラレコ

特集