【東京モーターショー2017】オリジナルの独自性と伝統を昇華…スーパーカブ C125 [詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
  • ホンダ・スーパーカブC125(東京モーターショー2017)
ホンダ『スーパーカブC125』は、初代「スーパーカブC100」が持つオシャレでモダンかつ機能的なパーソナルコミューターとしての魅力を受け継ぎ進化させたモデル。未来に向けて、スーパーカブの持つ普遍的な価値を、スタイリングとハードの両面から改めて刷新し、新しいライフスタイルを提案する。

スタイリングは、機能と外観を美しく調和させたシルエットを実現。スーパーカブのシンボルであるレッグシールドからリアフェンダーにかけての“S字ライン”や、C100の特徴であった通称“かもめハンドル”を洗練された曲線や曲面で構成される。また、17インチのキャストホイールやスチール製リアフェンダー、随所に配されたメタルパーツなどにより、 “愛車”にふさわしい上質な所有感を追求した。さらにヘッドライトには立体的な光源配置のLEDを採用。スマートキー、電動シートオープナー、液晶と指針を組み合わせたスピードメーターの採用により、最新コミューターとしての装備も充実させている。

エンジンは、余裕のある走りを目指し原付二種 最大排気量となる125ccを採用。一層の安心感を求めたフロントディスクブレーキと併せ、振動低減、変速フィールの向上など、快適さ、上質さに注力している。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集