クリスマスに向け「光の洋服」着用…大阪ニュートラムでイルミ列車 12月10日から

鉄道 行政

「イルミネーション列車」のイメージ。車体をLEDで装飾する。
  • 「イルミネーション列車」のイメージ。車体をLEDで装飾する。
  • ニュートラムの列車。ゴムタイヤで専用の通路を走る新交通システムを採用している。
  • ニュートラムの列車。ゴムタイヤで専用の通路を走る新交通システムを採用している。
大阪市交通局は12月10日から、車体の外側をLEDで装飾した「イルミネーション列車」を南港ポートタウン線(ニュートラム)で運行する。クリスマスシーズンに向け「光の洋服」を来た列車が走る。

「イルミネーション列車」は12月10日から25日まで運行。4両編成1本の車体外側をLEDで装飾し、18時から21時までコスモスクエア~住之江公園間を約5往復する。運行時刻は11月末頃に公表される予定だ。

このほか、12月8・9日には参加者限定のイベント列車が運行される。車体外側だけでなく車内も「光のクリスマス装飾」を施し、ニュートラムを1往復。イルミネーション列車・イルミネーションバスの点灯式や撮影会も行われる。

募集人数は各日100人(1グループ3人まで)。12月8日実施分は小学生以下の子供とその保護者のみ参加できる。申込みは交通局ウェブサイトで11月17日まで受け付ける。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集