訪日客向けデザインのSuicaが復活…JR東日本グループが一般販売

鉄道 企業動向

今回販売されるSuicaカードのイメージ。専用ウェブサイトで購入申込みを受け付ける。
  • 今回販売されるSuicaカードのイメージ。専用ウェブサイトで購入申込みを受け付ける。
  • 「Suica & N'EX」は2007年から2014年まで販売。オリジナルデザインのSuicaと成田空港~東京間の切符がセットになっていた。写真は成田空港アクセス特急『成田エクスプレス(N'EX)』。
JR東日本グループのびゅうトラベルサービスは、かつて訪日外国人旅行者向けに販売していたオリジナルデザインのSuicaカードを期間限定で一般販売する。発売価格は1枚2000円(デポジット500円含む)。

JR東日本は2007年、成田空港・空港第2ビル~東京電車特定区間の乗車券・特急券とSuicaカードをセットにした「Suica & N'EX」を訪日客向けに発売。Suicaカードは富嶽三十六景の赤富士を背景に空港アクセス特急『成田エクスプレス』の写真を載せたものなど各種オリジナルデザインが存在した。

「Suica & N'EX」は2014年に販売を終了したが、今回はびゅうトラベルサービスが「Suica & N'EX」のセット商品だったオリジナルデザインSuicaを単独で販売する。購入は事前申込制。11月13日10時から27日18時まで、びゅうトラベルサービスの専用ウェブサイトで申込みを受け付ける。販売枚数は5万4000枚限定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集