三菱電機とHEREが業務提携---自動運転向け高精度位置情報システムを相互活用

自動車 ビジネス 企業動向

東京都内での記者会見(10月27日)
  • 東京都内での記者会見(10月27日)
  • センチメートル級の位置情報を受信する三菱電機製ロケーター
三菱電機は、オランダの地図会社HEREテクノロジーズと高精度位置情報サービスのグローバルでの利用拡大に向けて両社が持つ高精度位置情報ソリューションを相互活用するために提携することで合意した。27日、三菱電機とHEREが発表した。

今回の合意で三菱電機とHEREは、両社が培ってきた高精度地図、クラウド位置情報サービスと高精度測位技術を融合し、予防安全や自動運転の分野でユーザーが利用しやすい新たなサービスを共同で検討する。

具体的にはHEREが運用開始したクラウド位置情報サービス「オープン ロケーション プラットフォーム」と三菱電機が開発した高精度で自車位置を把握できる「高精度ロケータ」を組み合わせ、リアルタイムに高精度な位置を特定して事故発生時や渋滞発生時のスムーズな推奨レーン案内を実現する。

また、「高精度ロケータ」で取得する車の走行情報を高精度地図のメンテナンスに活用し、ユーザーが最新の高精度地図を容易に使えることを目指す。

さらに両社は、車載分野以外の様々な領域でユーザーが高精度位置情報サービスを利用しやすくなることを目指して協力していく構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集